スタッフブログ更新中です。

私達はフード・アクション・ニッポン推進パートナーです
手軽で、美味しい。
めいほう鶏ちゃん特製ギフトボックス

2018年

10月


123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

11月





123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

2017年6月より配達時間帯が変更になります。

催事のご案内
催 事 予 定
次回催事:決まり次第、お知らせします。
明宝家フェイスブックへのリンクバナー
TEL:0575-87-2002

めいほう鶏ちゃんのこだわり

① 国産材料へのこだわり

国産若鳥(ムネ・モモ)100%使用

素材は美味しさの原点。誰もが安心して食べてもらえるものを目指し、国産若鳥のムネ、モモ肉を使用しています。老若男女が一緒に囲める料理であるには、柔らかくジューシーな国産鶏がベストと考えます。また、出荷元まで追跡が可能です。

「めいほう鶏ちゃん」は国産若鶏100%

タレに使う野菜もすべて国産!

鶏ちゃんの味の決め手となるタレにもすべて国産の野菜を使っています。タレはニンニク、タマネギのすりおろし、生姜の搾り汁を混ぜ合わせたものに、砂糖、しょう油、ごま油と味噌を加えて仕上げていきます。タマネギが味を引き立ててアクセントになっているとともに、ニンニクなどで食欲増進効果も期待できます。

② 味の決め手は「郡上みそ」&名水仕込みの淡口醤油

地元の人達に愛されてきた「郡上みそ」

めいほう鶏ちゃん(みそ味)の最大の特徴は、「郡上みそ」が味のベースにあることです。
昔は家々で作っていた地みそ。郡上市白鳥町の大坪醤油株式会社は明治35年創業の蔵元では、この郡上の地みそを「郡上みそ」として、今もしっかり寝かせて醸造しています。めいほう鶏ちゃん(みそ味)は、地元さしさを強く感じられるこの「郡上みそ」を使用しています。

長良川源流の美味しい水で仕込んだ「淡口醤油」

2018年に商品ラインナップに加わる「めいほう鶏ちゃん(醤油味)」のタレは、株式会社丸昌醸造場製の「淡口醤油」ベースです。地元では、炊き込みご飯やお吸い物には欠かせない、定番の淡口醤油として親しまれている味です。ただ色がうすくて塩分が強い淡口醤油ではなく、懐かしい香りとまろやかさがあります。

③ 手作業にこだわった製造過程

火が通りやすいよう手作業で均等にカットされた鶏肉

鶏肉のカット、タレづくり、充てんまですべて丁寧な手作業で行っていることも『めいほう鶏ちゃん』のこだわりです。明宝の鶏ちゃんは昔ジンギスカン鍋で調理されていたこともあり、地元の人たちあまり野菜の水分が出ない仕上がりを好みます。長時間火を通すと野菜の汁が出やすくなるため、できるだけ短時間で鶏肉に火が通るようにすることが必要。鶏肉はできるだけ薄めにカット!そのようなカットは機械では難しいため、一つ一つ手作業で鶏肉をカットしています。。

④ 誰もが食べやすい優しい味付け

小さなお子様からお年寄りまでどなたでも食べやすいマイルドな味付け

『めいほう鶏ちゃん』は元々、「めいほう鶏ちゃん研究会」という有志グループが集まって地元の食資源を全国に届けようと生み出したものです。それまでお店や家によって様々であった味を、グループ加盟店が集まって互いにレシピを公開して「これこそが明宝の鶏ちゃんを代表する味!」というものを作り出しました。店によっては、もっと辛いものや、味噌の味が強いものなど様々ですが、『めいほう鶏ちゃん』は幅広い世代の人に食べていただけるニュートラルな味を目指しました。

小さなお子様からお年寄りまでどなたでも食べやすいマイルドな味付け

B1グランプリで長年親しまれている味

当社の前身の「めいほう鶏ちゃん研究会」は2010年から連続でB1グランプリに出展しています。そして当社のめいほう鶏ちゃん(みそ味)は、会場で提供しているものと同じ味です。九州や東北など全国各地を大会で回らせてもらっていますが、どの会場でも、皆さまに大変ご好評をいただいています。「郡上みそ」を生かした鶏ちゃんの味は、初めて口にした方にもどこか懐かしさを感じて親しんでいただける味です。