スタッフブログ更新中です。

めいほう鶏ちゃん特製ギフトボックス

2017年

6月




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
明宝家フェイスブックへのリンクバナー
催事のご案内
催事予定
7月1日(土)Aコープおくみの店様
創業祭 店頭にて試食販売
TEL:0575-87-2002

2017年6月より配達時間帯が変更になります。

アレンジレシピ

鶏ちゃんの美味しい食べ方あれこれ

美味しい解凍方法や保存方法については 調理法について をご覧ください。

新着アレンジレシピ

クレソンとめいほう鶏ちゃんの親子炒め

菜の花と原木しいたけのめいほう鶏ちゃん

ほのかな苦味が美味しい、大人の味のアレンジレシピです!

<調理時間:約10分>


※めいほう鶏ちゃん300gで4人分   

用意するもの

・めいほう鶏ちゃん 300g (解凍したもの)

・クレソン 100g

・卵 2個

・サラダ油 大1

・塩コショウ 少々


1.クレソンは洗って水気を切り、3センチに刻む。

2.卵はボウルに割ってかき混ぜておく。

3.サラダ油を引いた中火のフライパンで、めいほう鶏ちゃん→クレソンの順で炒める。

4.最後に溶き卵を入れ、ふわっと絡め、仕上げに塩コショウを振る。

5.お皿に盛り付けて完成!彩りにトマトを添えても。

新玉ねぎとしいたけのめいほう鶏ちゃん

菜の花と原木しいたけのめいほう鶏ちゃん

3~5月が旬の新玉と原木しいたけ。名残りの新玉&原木しいたけを使った初夏のレシピです。

<調理時間:約20分>



※めいほう鶏ちゃん300gで4人分   

用意するもの

・めいほう鶏ちゃん300g (解凍したもの)

・新玉ねぎ 中1個(250~270g)

・しいたけ※あれば原木 ミニサイズ5個 (約50g)

・万能ねぎ 少々

・ごま油 大1

・塩 ひとつまみ


1.新玉ねぎは1/2に切ってから幅1センチほどにスライスして、軽く水にさらしてザルに上げる。

2.しいたけは石づきを落とし、十字に包丁を入れて4つにカットする。

3.万能ねぎは小口切りにしておく。

4.弱火のフライパンにごま油をひき、新玉ねぎにじっくり火を通す。焦げ目がついてきたら、塩をふる。

☆箸でかき混ぜずにフライパンをゆすって炒めるのがポイント!

5.玉ねぎを皿にあけ、そのままフライパンにめいほう鶏ちゃんを入れ、中火で炒める。

6.めいほう鶏ちゃんに火が通ったら、しいたけを加え、さらに新玉ねぎをフライパンに戻し、味をなじませる。

7.さらに盛付け、万能ねぎを散らして完成!



アレンジも楽しい、美味しい!めいほう鶏ちゃん

春が旬!菜の花と原木しいたけのめいほう鶏ちゃん

菜の花と原木しいたけのめいほう鶏ちゃん

春らしい菜の花としいたけを使った栄養豊富な鶏ちゃんです。

今回は、三重県の伝統野菜「なばな」を使い下ゆで無しのカンタンレシピにしました。ほのかな苦みが春らしさを感じさせてくれます。きのこ=秋のイメージがありますが、原木しいたけは春と秋に旬があり、春の旬は3~5月!春満開のめいほう鶏ちゃんです。

※めいほう鶏ちゃん300gで4人分   

用意するもの(4人分)

・めいほう鶏ちゃん300g (解凍したもの)

・なばな 1わ (190~200gぐらい)

・原木しいたけ ミニサイズ6~7個 (45~50g)

・ごま油 大1

・塩コショウ 少々


1.なばな1わを流水で洗い、根元を1~1.5cm切り落とす。

2.しいたけは軸(石づき)をとって、大き目のものは半分にカットしておく。

3.フランパンにごま油を入れて中火で熱し、なばなのみ炒め、しんなりしたら皿にとる。

4.続いて同じフライパンでめいほう鶏ちゃんを中火のまま炒める。中心部に火が通ったら、しいたけと炒めたなばなを入れる。

5.全体に味がなじんだら、最後に塩コショウを少々振って、出来あがり。

めいほう鶏ちゃん鍋焼きうどん

明日は鍋焼きうどん!という日は、めいほう鶏ちゃんを多めに炒めておくと便利です。

もちろん、当日めいほう鶏ちゃんをフライパンで炒めても手早く調理できます。

※めいほう鶏ちゃん200gで2人分   

用意するもの(2人分)

・めいほう鶏ちゃん200gを炒めたもの(野菜は少なくてもOK)

・白菜 150g

・えのき 70g

・しめじ 85g

・しいたけ 2個

・かまぼこ 7~8ミリ幅に切ったもの 4枚

・白ねぎ 40g

・市販のめんつゆ 600cc ※水で薄めるタイプ 「かけうどん」用の倍率よりも1割多い水で薄める

・冷凍うどん 2玉

1.めんつゆを薄めだし汁を鍋に入れ、火にかける。

2.沸騰したら、冷凍うどん、野菜等、炒めためいほう鶏ちゃんを入れ、火が通ったら出来あがり。

☆ポイント☆めいほう鶏ちゃんは炒めたものを使用すること。

温まりたい時は、一味唐辛子やおろししょうがを足しても。

めいほう鶏ちゃん茶漬け

めいほう鶏ちゃんが少し残ってしまった時や、ホットプレートを囲んで楽しんだ後におススメです。

※めいほう鶏ちゃん300gを炒めたものなら5~6人分   

用意するもの(1人分)

・めいほう鶏ちゃんを野菜(キャベツ、ニンジン、玉ねぎなど)と炒めたもの適量

・永谷園の「お茶漬け海苔」 1/2袋ぐらい

・温かいご飯 100g

・熱いお湯 適量

☆ポイント☆めいほう鶏ちゃんを炒めたもの・ご飯は温めておくとより美味しくなります。熱いお湯をたっぷりと注ぐので、器は大きめにします。

☆わさびをのせるとまた違った美味しさに仕上がります。



キノコたっぷりめいほう鶏ちゃん

めいほう鶏ちゃん300gで3~4人分  

まいたけ 50g、しいたけ 40g、えのき 120g、万能ねぎ 適量  

まいたけはほぐしておく、しいたけは3~5ミリ幅のスライスにしておく、えのきはいしづきをカットしてほぐしておく。

中火のフライパンに油を少々ひき、鶏ちゃんを炒める。中心まで火が通ったら、準備したキノコを加えて中火のまま更に炒める。

盛り付けたら刻んだ万能ねぎを適量のせて出来あがり。お好みで、炒め終わりの頃に溶けるチーズをトッピングしても。

夏野菜のめいほう鶏ちゃん

めいほう鶏ちゃん300gで3~4人分  

・ナス 大1本(160gぐらい)・ ズッキーニ 1本(120gぐらい)・ ピーマン 2個 ・ごま油 大1  

ナスは所どころ残して皮をむき、タテ半分に切って、乱切りにし、5分ほど水にさらしておく。 ズッキーニも所どころ残して皮をむき、8mmぐらいの厚さで輪切りする。 ピーマンはタテ半分に切って種を除き、さらにタテに太めの千切りにする。 中火のフライパンにごま油を入れ、めいほう鶏ちゃん300gを炒める。 中火のまま鶏ちゃんに火が通ったら、ナス→ズッキーニ→ピーマンの順に野菜を加え、野菜にしっかり油と鶏ちゃんの味が絡むように炒めて、できあがり。 スライスしたニンニクを別にごま油で焼き色がつくまでフライパンで熱して飾っても。

めいほう鶏ちゃん焼うどん

大勢でホットプレートを使って鶏ちゃんを囲んだ時、最後のシメにピッタリ。残った鶏ちゃんにゆでたうどんを入れて、タレとしっかり絡めて完成。お好みで一味唐辛子をふって召し上がれ!  

※味が薄くなってしまった時は、みそ・しょうゆ・ごま油を加えてお好みの味に仕上げて下さい。おススメの焼うどんタレレシピはこちら!市販の「めんつゆ」をざるそば用に薄め、みりん、ごま油を適量加えて出来あがりです。

めいほう鶏ちゃんサラダ

めいほう鶏ちゃん300グラムで3人分  


先にめいほう鶏ちゃんをしっかり炒めておく。

サラダは野菜類を260グラム 用意する。(レタスは短冊切り、キャベツとニンジンは千切り、キュウリは薄切りに)  

以上の野菜を、 オリーブオイル大さじ2、 ワインビネガー大さじ 1、 塩コショウ適量、粗挽きコショウ適量の調味料で味付けして、お皿に盛り付けた後、炒めておいた鶏ちゃんをのせて、マヨネーズを適量かけて出来上がり!

めいほう鶏ちゃんから揚げ

めいほう鶏ちゃん300gで2~3人分


揚げ油を160℃に熱し、解凍した鶏ちゃんに小麦粉大さじ1+片栗粉大さじ1をまぶして揚げる。 (揚げる直前に粉を付けると上手に揚げやすい)  

衣が色づきはじめたら油の温度を180℃に上げて、カリッと揚げる。

酢に唐辛子を漬けておいた「南蛮酢」で食べると、さらに美味しく!「南蛮酢」が無い時は酢に一味を振ってもOK。

めいほう鶏ちゃんと大根の煮もの

めいほう鶏ちゃん300gで3~4人分


大根 250g(1/2~1/3本)、しょうが 1かけ(15gぐらい)、 油 小さじ1、 水 350cc 、和風だしの素(顆粒タイプ)3g(ティースプーン山盛り1ぐらい)、 みりん 大さじ2、 しょうゆ 大さじ2

大根は小さ目の乱切りに、しょうがは皮をむいて千切りに刻んでおく。 熱したフライパンに鶏ちゃんを入れ、中火で炒める。 中火のまま鶏ちゃんに火が通ったら大根としょうがを入れて少々炒める。 大根に油がまわったら水と和風だしの素を入れ、弱火にする。 みりん、しょうゆを加えて15分ほど弱火のまま煮込み、汁気が無くなったら火を止める。 白ネギがあれば細切りにして飾るとさらに美味しくなります。 一味少々をふっても美味しいです。 ※煮込む際は鍋が焦げやすいのでご注意ください。